整体養生庵イオリ春日丘
ベースとなる各種療法について
整体の技術は患者さんのためのものだと考えています。
少しでも効果的な施術を提供するため、また適応を広げるため、必要と判断したものは垣根をもうけずに学び取り入れるのが当院の姿勢です。
これまでに身につけたもののなかから、現在施術に取り入れている療法をご紹介します。
(以下、学んだ順)

あん摩、指圧、マッサージ
それぞれ別の手技ですが、国家資格としてひとつにまとめられています。
共通して、血液リンパの流れ促進、疲労、肩こり、腰痛、関節痛の改善に効果があます。また深いリラクゼーションも期待できます。
当院では、痛みの緩和、また日頃のお体のケアや健康増進のために利用します。

3年間専門学校で学んだのち国家資格を取得し臨床を重ねてきました。


長生療術
背骨(脊椎)の矯正、精神的なケア、プラーナ(気)をもちいた治療など、トータルな観点から治療を行います。
神経への心地よい刺激で筋肉をゆるめて体全体を活性化するのが特徴です。
施術する側の心の姿勢も重視しており、「させていただく」という謙虚な気持ちで望むことがよい治療結果に結びつくと教えられています。
不調の改善はもちろん、日々の養生、健康促進にも効果があります。

尊敬する師匠に出会い、現場のなかで実地に教えて頂きました。治療師としての心構え、患者さんへの接し方、手技のなかでの体の使い方など、治療師としてのすべての基本になっています。


SPAT(操体法を基盤とした骨格矯正法)
心地よい方向へ自ら動くことで筋肉のバランスをとる、操体法をベースにした無理のない矯正法です。短時間で効果をあげられるため、必要に応じて施術のなかに取り入れています。腰痛の原因となる骨盤の歪みの調整にはとくに利用します(SPATは登録商標です)

公式の講習を受けたのち、創始者である誠快医院 鹿島田忠史先生に直接ご指導を受けました。


ステオパシー
アメリカではドクターの資格で行われている手技療法です。
表現が多少専門的になりますが、以下の三つの理念を柱に、様々な手技が考案され実用化されています。

1. 身体全体をひとつのユニットとして考える
2. 身体の機能と構造は一体のものであると考える
3. 自然治癒力を鼓舞する

当院では、主に以下の手技を取り入れています。

・ゆっくりとした持続圧による筋肉の弛緩(マイオファーシャルリリース)
・心地よい姿勢を持続することによる筋肉の解放(カウンターストレイン)
・抵抗運動とストレッチを組み合わせた運動療法(マッスルエナジーテクニック)
・脳脊髄液の循環改善(頭蓋仙骨療法)

全般にソフトな手技が特徴で、自律神経失調、むちうち、ヘルニアなど症状が重い場合にはとくに利用します。

臨床実績のある東洋オステオパシー学院(本科・研究科)で学んだのち、併設のクリニカルセンターでインターンをさせて頂き、オステオパシー治療の現場を経験しました。


   Copyright (C) 2008 Iori-Kasugaoka All rights reserved